自宅で簡単に美髪になれる!おすすめヘアケア製品3選

カラーやパーマ、毎日のアイロンで髪パサパサ…

おうちトリートメントしてるけど効果がイマイチ実感できない…

サロンで定期的にトリートメントするのはお金がかかるし…

私も美髪目指してるけど、持続性のあるものずっと探してたよ。

美容室のトリートメントや髪質改善は良かったけど、継続するのはお金がかかって結局挫折!

ホームケアでいろいろ試して良かったものを紹介するから、気になるものがあったらネットやお店で探してみて!

髪質改善に通っていましたが、継続するにはお金がかかりすぎてしまい、断念しました…。

髪質改善って効果あるの?お試し3回コースに通ってみました
最近話題の「髪質改善」。恥ずかしながら美容師さんに教えてもらうまで知りませんでした。モニター価...

効果は素晴らしいのですが。

そこで、ホームケアで続けることができるヘアケアを探してきました。

その中でも実際に試してみて、よかったものをシェアします!

スポンサーリンク

ドライヤーをいいものにクラスチェンジ

 
以前使っていたドライヤーが壊れてしまったので、買いました。
前のドライヤーは数千円で購入した安いやつで、壊れるまで8年くらい使っていました。
 
そして思いました。
 
「高いやつ買っても元が取れるんじゃない?」
 
ということで、色々調べてパナソニックのナノイーが値段と機能のバランスで良さそうということで購入。
 

 
最高級モデルまでは手が出なかったので、中間レベルのものを買いました。
(松竹梅があれば竹を選んでしまう典型的日本人)
 
 
実際に使ってみると、その使い心地の良さに感動。
 
乾くの早い!髪がバサバサにならない!
速乾ノズルが搭載されており、強弱差のある風が出ることにより毛束がほぐれて、従来のドライヤーよりも速く乾きます。
 
 
「ナノイー」&ミネラル搭載で、キューティクルを密着させ、指通りが良くなる上に、UVダメージからも髪を守ってくれます。
 
頭皮に優しい60℃の中温モードや、顔に当てるとお肌に良いとされる冷風モードの使用もおススメ。
 
 
 
しばらく使っていると慣れてしまい、「あんまり効果がわからない」となってきたのですが、ある日温泉で普通の安いドライヤーを使う機会がありました。
そしたら髪がバサバサのモッサモサに。
 
髪は毎日洗うし、洗えばドライヤーは使わなくてはなりません。
こういった「使わないといけない・困るもの」については、いいものを買って損なし!というのが結論です。

 

つげ櫛は一生もの

つげ櫛は柘植(つげ)の木から作られる伝統的な日本の櫛です。

多くはコームの形をしており、歯の間隔は様々。私はパーマをかけているので粗めのものを使用しています。

値段は1万円弱~と、櫛としては少しお高いのですが、ずっと使えるものなので買って良かったです。

使っていて良かった点を列挙しますと

  • 静電気が起きない
  • 髪がしっとりする
  • 育てる楽しさがある
 
以前までは、プラスチックのコームまたはゴム製のブラシを使っていました。
 
冬は特にバチバチと静電気が起きてしまっていたのですが、つげ櫛には一切それがない。
 
 
つげ櫛のお手入れは椿油を使います。
 

 
櫛が置けるサイズのお皿に椿油を浸すことで、汚れを取り、櫛のしっとり感が戻ります。

お皿を洗うのが面倒な私はサランラップで包むようにして椿油に浸けています。

 
この「手入れ」を繰り返していくと、つげ櫛は飴色になっていくのだそう。
飴色になるまで育ててみたい!
 
ちなみに、100円均一で売っているつげ櫛のような櫛は、つげ櫛と似て非なるものです。
桃の木が使われているようなのですが…
つげの木と密度がまったく違うので、歯が折れたり欠けたりしやすいのだそうです。
オイルに漬けても育つことはないので、違いを理解したうえで購入しましょう。
 

シルクナイトキャップの利用

美髪の仕上げに、シルクナイトキャップを買いました。

渡辺直美ちゃんが良い!と言っていて、ブームになりました。

ネットで2000円くらいで買えます。

口コミも良いことばかり書いてあるけどほんとかなぁ

(ネット社会に漬かりすぎると疑り深くなる)

と、最初は半信半疑でしたが、失敗してもそこまで高い買い物ではないし、物は試しで買ってみました。

届いた商品は生地がペラっとしていて、シルクがすべすべ気持ちいい手触り。

さっそく髪を詰め込んで寝てみました。

使ったその次の朝から髪の手触りが全然違ったので感動しました。

枕との摩擦で、寝ている間に髪って結構傷むんだなぁと実感。

ただ、髪が長いとナイトキャップに全髪を入れ込むのが大変。

ロングヘアの人はロング用の商品があるので、そちらを使ったほうがよさそうですね。

まとめ

毎日続ける美髪習慣について、まとめます。

  1. ドライヤーをヘアケア機能のあるものに替える
  2. 櫛はつげ櫛を使用する
  3. シルクナイトキャップで寝ている間の摩擦を軽減

たったのこれだけで、髪が変わります。

髪は日々伸びるし、抜けるし、新しく生えてくるので、一度きれいにした後も継続していかなくてはなりません。

続けるためにはお金や手間がかからないこと。これなら誰にでもできますね。

筋トレもヨガも挫折した私ですが、今日紹介した製品は、挫折のしようがないですね。

なぜなら、ドライヤーも櫛も毎日使うものです。

シルクナイトキャップを使うにしても、時間は全然かからないし、毎月お金を払わなくてはいけない…というものではないので、誰でも継続できると思います。

今日から新たな美髪習慣、始めてみましょう!

コメント